当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています ブログ

会社員の9割が思う職場あるある【オフィス編】

 

博士
本日のは「会社員の9割が思う職場あるある【オフィス編】」です。

 

働く会社員であれば、一度は経験したはずでは無いでしょうか?

それでは紹介していきます!

 

プリンターは、重要な時に限って必ず故障する

無料の悲しい男の写真と画像

ある日、重要な提案書を印刷しようとしたところ、プリンターが「今日はお休みします」と言わんばかりに動かない。

また、急いでいる時こそ、紙詰まりもよく起きますね。

この不思議な現象、プリンターは人間の緊張を感じ取る能力を持っているらしい。

緊張やピークに合わせ、故障や紙詰まりを起こしてくれます。

まるで、"重要な日に限って雨が降る"というジンクスのオフィス版である。

 

デスクから書類の山が消える日は永遠に来ない

テーブルの上に積み上げられた本の山

机の上の書類の山々、片付けても、見る間にまた積み上がっていく。まるで無限地獄ですね。

これは一体何の呪いだろうか?「書類の自然増殖説」なのだろうか?

それとも、見えない妖精がこっそり動いているのではないかと思われます。

一説には、書類を完全に片付けた社員は、次の日には謎の失踪を遂げるとも言われています。

もしかすると、書類の山があることで、違う意味で雇用が守られているのかもしれない。

この不思議な現象は、多くのオフィスワーカーが共感する「あるある」である。

書類の山が私たちに与えてくれるもう一つの大切なメッセージがある。

それは、仕事の進め方や時間管理のスキルを見直す機会を提供してくれるという点だ。

書類が積み重なるのをただの「呪い」として受け止めるのではなく、どうすればもっと効率的に業務を進められるか、どのように時間を管理していけば良いかを考える良いきっかけとなる。

 

朝の電車通勤はおしくらまんじゅう地獄

無料の群衆の階段の写真と画像

朝の電車は、まるでおしくらまんじゅうです。特に出社前のオフィスエリアでは日常光景です。

一歩乗り込めば、自分の意志とは無関係に身体が押し流される。まさに通勤地獄です。

隣の人のスマホ画面が見えるほどの距離感で、思わず「次のページに早くタップして...」と心の中でつぶやいてしまうこともあるでしょう。

しかし、この苦行を乗り越えた先には、オフィスのコーヒーが待っている。

それだけで、一日頑張れる気がしてくるのはなぜだろう?仕事は朝の電車から始まっているのである。

ランチ休憩はスタートダッシュが重要

無料の鉄道写真と画像

ランチタイムになると、社員達はまるでオリンピックのスタートラインに立つアスリートのような緊張感に包まれる時間です。

時計の針がランチタイムを指す瞬間、一斉に席を立つ社員達。定時に昼食を食べに行けなければ、お気に入りの店には長蛇の列ができてしまいます。

遅れた者は、残念ながらランチの選択肢が限られてしまい、ファストフードやコンビニになる物も。

しかし、そこすらも渋滞の嵐である。

人気のある店では、出遅れたことで食べたいメニューが売り切れていることも少なくない。

しかし、このスタートダッシュに成功すれば、報われる瞬間が待っている。

美味しいランチをゆっくりと楽しむことができるのだ。

社員達にとって、この時間はただの食事時間以上の意味を持ち、一日の中で唯一仕事から解放され、リラックスできる貴重な時間だ。

まさに、昼休みの小さな勝利である。

さらに、ランチタイムのスタートダッシュは、社内のコミュニケーションを活発にする効果もある。

出発のタイミングを同僚と合わせ、ランチの場所を一緒に決めたりすることで仕事以外の話題で盛り上がることができる。

このように、ランチタイムは社員同士の絆を深める大切な役割も果たしているのだ。

しかし、ランチのスタートダッシュが毎日のストレスになっている人もいるかもしれない。

そんな時は、たまにはオフィスでお弁当を食べるなどランチタイムの過ごし方を変えてみるのも一つの方法です。

だが、食べ過ぎは睡魔を呼び込むので注意が必要だ。

帰りの電車もおしくらまんじゅう地獄

無料の電車通勤の写真と画像

帰りの電車は、朝の通勤とはまた違った種類の試練を社員達に与える。

朝は一日の始まりで目的意識が高く、何とかその日を乗り切るための活力がある。

しかし、帰りの電車では、その日一日の疲れが重くのしかかってくる。

オフィスでの様々な仕事の疲れが、肩や足にずっしりと重く感じられるのだ。

そして、なぜか出勤する時よりも、帰宅時には荷物が増えているように思えるのはなぜだろう?

書類や資料、時には同僚からのお土産や食品など、カバンの中身は増量しているのでは無いだろうか?

この増えた荷物を抱えながらの帰宅は、まるで無休の追加残業にも感じられる。

 

電車内では、隣の人との距離が異常に近く、お互いの疲れが伝わってくる。

そして、電車内では無言の戦いが始まる。どちらが先に座席に座れるかだ。

 

しかし、電車内は、ただ辛いだけではない。

 

1日の締めくくりとして、明日への活力を秘めている。

 

例えば、帰宅途中で見かける夜景、電車内でふと耳にした会話、思わぬ発見や気付きを与えてくれることもある。

また、この時間を利用して、一日を振り返り、自己反省の時間にすることもできるのだ。

 

そして、この戦いを乗り越えた先に待っているのは、自宅の温かいベッドだ。

帰宅後に待っている家族の笑顔や、一人暮らしの場合でも自分の安らぎの空間が、全ての疲れを癒してくれる。

 

「お急ぎですが」で始まるメールはだいたい、急ぎでは無い

メールのタイトルで、「お急ぎですか?」というフレーズを見ると、心臓が一瞬で冷たくなる。

実際に内容を読んでみると「急ぎではない」ことがほとんどだ。

このフレーズを見た時の緊張感は、まるで大事な会議の前や、締め切り直前の緊迫した瞬間に匹敵する。

しかし、実際にそのメールの内容を開いてみると、「急ぎではない」ことがほとんどで、このギャップに一安心する反面、少しイラッとすることもあるだろう。

このフレーズは、「とりあえず目を引きたい」という意図で使われているようだが、使いすぎると、本当に急ぐ時に誰も信じてくれなくなる。

人間の注意は限られており、何度も同じトリックには引っかからなくなる。

まさに、オフィス版の「狼少年」である。

仕事終わり直前になると突然仕事が舞い込む

Apple MacBook テーブルの上のコンピュータのマウスの横

仕事というものは、不思議と終わりが近づくにつれて、突如として新たなタスクが舞い込んでくる傾向にある。

まるで、定時の直前になると、仕事が磁石のように引き寄せられる現象とも言えるでしょう。

多くの社員がこの「定時直前サプライズ」に遭遇し、予定していた帰宅時間が遠のくのを経験しているはずだ。

この現象の背後には、何があるのだろうか?

一つの理論として、日中は各自が自分のタスクに集中しているため、他の人への依頼や相談を後回しにしてしまう傾向がある。

そして、日が暮れると「これを今日中に」という思いが急に高まり、結果として仕事終わり直前になって多くの仕事が動き出す。

この「終わり直前の仕事ラッシュ」を乗り切るには、定時の1時間前を「仕事の締めの時間」と設定し、その時間帯は新たなタスクを受け入れないようにする。

また、日中に予定しているタスクの進捗を定期的に確認し、余裕を持って仕事を進めることも重要だ。

しかし、どんなに計画的に行動しても、予期せぬ仕事が舞い込むことは避けられない。

そんな時は、そのタスクの緊急度を冷静に評価し、本当にその日のうちに対応する必要があるのかを見極めることが大切だ。

また、同僚や上司とのコミュニケーションを通じて、タスクの優先順位を調整することも有効な戦略の一つである。

定時直前の仕事の舞い込みは、オフィスライフの避けられない一部であるかもしれないが、このような状況に上手く対処することで、仕事の質も生活の質も向上させることができる。

 

少し大丈夫ですか?は、少しで終わらない

地下鉄に立つ男

結論、「少し時間大丈夫ですか?」はすぐに終わりません。

一見、無害に聞こえる質問はオフィスの会話において、一種のアラームとして機能することがある。

この問いかけに「はい」と答えた瞬間、予定していた「少し」が、実際には想像以上に長い時間になることは、多くの社員が経験しているだろう。

この現象には、人間の時間に対する認識の違いがある。

提案側は、実際には数十分、場合によっては数時間必要な内容を「少し」と表現することがある。

一方、受け手側は5分程度の短い相談を想定してしまう。結果、このギャップが予期せぬ時間ロスにつながるのだ。

さらに、「少し大丈夫ですか?」という問いかけは、その場での断りにくさも手伝って、予期せぬ仕事やタスクの依頼につながりやすい。

特に忙しい時期には「少し」の依頼が積み重なることで、本来の業務に支障をきたすこともある。

この「少し」の罠を避けるには、依頼を受ける前に、具体的にどの程度の時間が必要なのかを必ず確認することが重要だ。

また、時には「今はちょっと難しいけれど、後で時間を取れる」といった断る提案をすることで、予期せぬタスクの侵入を防ぐことができる。

仕事をサボる人は実は仕事ができて優秀な人材

無料の子供子供写真と画像

一見すると矛盾しているように思えるこの主張だが、実際、オフィスのあるあるの一つとして、意外なほど多くの事例が存在します。

仕事をサボっているように見える人が、実は業務を効率的にこなし、結果を出している優秀な人材であるケースは少なくない。

では、なぜこのような現象が起こるのだろうか?

仕事を「サボる」という行為は、必ずしも生産性の低下を意味するわけではありません。

実は、短時間で集中して仕事をすることで、より高い生産性を発揮する人もいるのも事実です。

彼らは効率良くタスクをこなし、残りの時間を自分のリフレッシュや次のアイデアを練るために使っている。

これが「仕事をサボる」という意味になります。時には「サボる」という行為は、クリエイティビティの源泉になることもある。「暇 = アイディアが生まれる時間」にもなります。

実際に、Googleのような企業では、従業員が自由に創造的な活動を行える時間を設けることで、イノベーションを促進している。

さらに、仕事を「サボる」ことが、実はチームワークを向上させる効果を持つ場合もある。

たとえば、休憩時間に同僚とのコミュニケーションを重視することで、チーム内の信頼関係を築き、仕事の効率を上げることができる。このように、仕事をサボることが、間接的に仕事の質やチームのパフォーマンスを高めることに繋がるのだ。

しかし、もちろんこの「サボる」行為は、バランスが重要である。自己管理ができずに本来の業務に支障をきたすようでは問題である。仕事を効率的にこなし、自身のスキルやチームの成果に貢献できる範囲で上手に「サボる」ことが、実は優秀な人材の特徴の一つと言えるかもしれない。

 

YouTubeで雑学動画を更新中!

為になるかもしれない雑学を1分で紹介するチャンネルです。

「為になるかもしれない雑学を1分で紹介するチャンネルです。」

面白い食べ物の雑学から、日常生活で役立つちょっとした知識まで、楽しく学べる内容をたくさん用意しています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

詳しくはここをクリック

-ブログ